サーフィントレーニング

サーフィントレーニング

 

サーフィンが上達したい。サーフィンが好きなら男女年齢問わず、そう思うことでしょう。サーフィンが上達すれば、もっとサーフィンが楽しくなります。サーフィントレーニングをして、身体が変われば、サーフィンは確実に変わります。身体を変えることは、サーフボードなど道具を変えて、サーフィンの動きを変えることと同じなのです。なぜ、大多数のサーファーは、道具は変えるのに、身体を変えようとしないのでしょうか?

 

どんなに進化した、素晴らしい道具があったっとしても、それを使うのは、その人の身体能力です。トッププロなどサーフィンが上手いサーファーをみて、あの身体能力があったらなあとか、あの筋肉があったらなあとか、思ったことはありませんか?サーフィンの動きに適した素晴らしい身体があるからこそ、サーフボードなどの道具が生きてくるのです。

 

サーフィンに適した身体は、きちんとしたトレーニングアプローチで作ることは可能なのです。年齢や性別、運動経験も関係ありません。身体は正直ですので、きちんとしたアプローチがあれば、きちんと進化してくれるものなのです。身体が変わらないということは、そのトレーニングプローチ自体があなたの身体に合っていないだけなのです。

 

 

サーフィンをしていればトレーニングは不要??

 

海で、実際にサーフィン自体することに時間を費やすことは不可欠ですし、実践でのサーフィンの動きで身体は自然にを作られていくものだとという考えも間違えではないでしょう。一方で、トレーニングでサーフィンに適した身体を作り上げるというアプローチが必要不可欠だと私は考えます。そして、恐縮ながら、私のサーフィン向けパーソナルトレーニングならそれが可能であると自負しております。

 

 

サーフィン専門パーソナルトレーニングジム

 

でも、海以外に陸やジムでサーフィントレーニングをするといっても、具体的にどういったトレーニングをしたら良いのか分からない・・という方がほとんどではないでしょうか?でも、ご安心ください。サーフィン専門パーソナルトレーニングジムが、Mermaid(マーメイド)、パーソナルトレーナーおぜきとしあきが、必ずやお役に立てます。

 

こんな方には特に自信を持っておすすめします。

 

  • サーフィンパーソナルトレーニングジム女性で筋力も体力にもハンディがある、、
  • サーフィンパーソナルトレーニングジムトレーニングはひとりだと頑張れない、、
  • サーフィンパーソナルトレーニングジム一刻も早くサーフィンが上達したい!
  • サーフィンパーソナルトレーニングジム何年もサーフィン上達が止まっている、、
  • サーフィンパーソナルトレーニングジム年齢的なものをトレーニングで補いたい!
  • サーフィンパーソナルトレーニングジム世界に通用するサーフィンをしたい!

 

そんな思いに応えるためのサーフィン専門パーソナルトレーニングジムが、Mermaid(マーメイド)です。サーフィン上達には、私、パーソナルトレーナーおぜきとしあきのサーフィン向けパーソナルトレーニングに全てお任せください。

 

 

サーフィン専門のトレーニングとは?

 

では、まずは実際、サーフィンには、どんなトレーニングが必要なのでしょう?そのためには、サーフィンにおける身体条件とは、いったい何なのかを、科学的に深く分析していく必要があります。そこで、私、パーソナルトレーナーおぜきとしあきは、20年以上のパーソナルトレーニング指導経験から、サーフィンにおける身体条件とは、下記5項目が必須項目であると分析しました。短期間で効率よく確実に成果を出すには、トレーニング内容もシステマティックに科学的視点が必要となります。決して、集団でのトレーニングや根性だけのトレーニングでは、対応できないのです。

 

サーフィントレーニングとして、スケートボード、ヨガ、ストレッチ、体幹トレーニングなど、いわゆる陸トレというものも、近年は盛んになっていますが、非常に残念なことに、これらの必須項目にダイレクトにアプローチできているものは皆無な状態なのです。サーフィンには、他のスポーツ同様、サーフィンのトレーニングも理論的な視点からの科学的アプローチが絶対必要なのです。

 

 

サーフィン7つの必須項目

 

サーフィンにおける身体条件とは、これら7つで構成されています。


1. 上半身下半身の連動性
2. 軸と姿勢
3. ねじれ反発力
4. 伸縮力
5. 体力
6. 体重と筋肉
7. ルックス体型

 

身体は個々違うから、パーソナルトレーニングで

 

これら1~6つを実際どのようなトレーニング種目で行うのか、そして、これら6つをどうのようにバランスよく組み合わせるのか、しかも、当然、身体というのは、個々異なりますから、パーソナルに的確に合わせたトレーニングプログラムが必須となります。

 

さらには、海でのサーフィン実践と、身体作りトレーニングとの緊密な相互間フィードバックも必須となります。

サーフィン実践と、身体作りトレーニング

 

さらには、サーフィン、そしてサーファーとは、他人から見ていて、やはり格好良くなければ意味がないと考えています。そのサーフィンのかっこ良さとは、サーフィンしている動きだけでなく、サーフィンをしていないときの見た目、つまり体型そのものが「ルックス体型」であることも大切だと考えています。

 

これらのトレーニングコンセプトを、マンツーマン個人指導のパーソナルトレーニングジムにしたジムが、Mermaid(マーメイド)サーフィン専門パーソナルトレーニングジムです。

 

 

サーフィントレーニング必須7項目

上半身下半身の連動性|サーフィントレーニング

①上半身下半身の連動性

サーフィンの動きは上半身だけや下半身だけで動いているわけではありません。サーフィンの動きには上半身下半身の連動性が必要です。もしも、今のあなたの身体に、上半身下半身の連動性の身体機能が低下していたり、その筋肉が足りなくなっているであれば、その目的のトレーニングが必要です。

軸と姿勢|サーフィントレーニング

②軸と姿勢

サーフィンの身体動作には縦横に加え、回転の動作があります。ターンや方向変換などの動作をスムーズにしたりするには、身体に回転軸とその回転軸を妨げない姿勢が必要になります。また、パドルにも軸と姿勢は影響を及ぼします。もしも、今のあなたの身体に回転軸とその回転軸を妨げない姿勢がないのであれば、その目的のトレーニングが必要です。

ねじれ反発力|サーフィントレーニング

③ねじれ反発力

ただでさえ不安定な波の上での動作は、身体に強烈なねじれ力が加わります。その体勢から、またクイックに戻る身体の力こそ、サーフィンに必要な身体機能にひとつ、ねじれ反発です。ふらつく、力が伝わらない、ボードをコントロールできないときがある、いまのあなたの身体は、そのための筋肉や伝達機能が備わった身体でしょうか?

伸縮力|サーフィントレーニング

④伸縮力

動きを見せるスポーツの中でも、身体を大きく伸ばし大きく縮ませる動作が多いのがサーフィンの特徴です。この自在に伸縮できる能力「伸縮力」が低いと、テイクオフを始め、さまざまな波上での動きに影響します。また、サーフィンは見せるスポーツとして、華麗でかっこいい動きには、この伸縮力が欠かせない点でもあります。

筋肉比と体重|サーフィントレーニング

⑤筋肉比と体重

サーフィンにおいて、体重はサーフボードの浮力との関係から、1キロでも体重が違っただけでも、動きに影響を及ぼします。そういった意味でも、サーフィンをするうえで、体重のコントロールは必須といえます。さらには、体重とは、単に数字だけの問題ではなく、体重における筋肉比がコントロールされていてこその体重が重要です。

体力|サーフィントレーニング

⑥体力

すぐ疲れてしまう、回復が遅い、息が上がる、パワーがなくなるなど、体力はサーフィンの動きに多大に影響します。いくら技術があっても、すぐ疲れてパワーが出ないのでは意味がありません。そして体力向上には、直接的に心肺機能を高めるのはもちろんのこと、その他、疲れにくい身体にしたり、回復力の高い身体にしたりと、総合的に身体を変えていく必要があります。

ルックス体型|サーフィントレーニング

⑦ルックス体型

サーフィンは、見せるスポーツです。やはり、ルックスのよい体型「ルックス体型」であることは、サーフィンそのものともいえるのではないでしょうか?ルックスのよい体型とは、痩せてただ細いだけではありません。サイズダウン、部位のサイズ、全身の均整バランスなどルックス体型で、あなたも、体型にも自信を持ってサーフィンをしませんか?

 

サーフィントレーニングは、マーメイド・パーソナルトレーニングジムに全てお任せください。パーソナルトレーナーおぜきとしあきの20年以上の経験とノウハウで全力で頑張らせていただきます。

 

パーソナルトレーニングの流れ

 

 

Mermaid(マーメイド)

マーメイド|サーフィン専門パーソナルトレーニングジム

Mermaid(マーメイド)サーフィン専門パーソナルトレーニングジム

千葉県いすみ市日在1848

TEL 050-5216-2210

指導中など、電話に出られないことがございますので、なるべくメールからお問い合わせくださいませ。

 → メールフォーム

*当ジムは、完全予約制のパーソナルトレーニング専用ジムとなります。突然のアポなしの来館はご対応できかねます。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

パーソナルトレーニングの流れ