サーフィントレーニングジム マーメイド Mermaid

サーフィントレーニング方法とは?

 

サーフィントレーニング

 

サーフィンのためトレーニングしようと思い立っても、何をすればよいか?サーフィントレーニングするにも、まずは設計図が必要です。サーフィントレーニングの設計図とは、サーフィンにおける身体条件とはいったい何かを科学的に深く分析されたものを指します。そして、本物のサーフィントレーニングの方法とは、本物の確立された設計図に基づいたトレーニングメニューを指すのではないでしょうか?

 

 

サーフィントレーニングメニューとは?

 

サーフィントレーニング

 

設計図がなければ物は作れないのと同じです。エンジニアだったら設計図を作りますね?いちから自動車を作るのに、いきなり溶接から入りますか?いきなりタイヤを付けるでしょうか?非常に厳しい表現になって恐縮ですが、サーファーのトレーニングにおいては、未だにそういったレベルのことが起こっているのです。残念ながら現時点では、サーフィン愛好家はもちろん、サーフィンを職業としているプロサーファーであっても、設計図無しで、むしゃらにトレーニングしているか、ネットや聞きかじりのトレーニング情報で、トレーニングをしているサーファーが何と多いことでしょう。基本となる設計図がなければ、トレーニングの努力はなかなか実りません。たとえ、実ったとしても、たまたまであり、偶然に偶然が重なった代物です。これでは再現性がありません。なので、そのラッキーな偶然がリズムが狂ってしまえば、修復不可能です。設計図のないトレーニングは、一生懸命トレーニングをしているのに結果が付いてこないことに陥ります。それをスランプと呼んだりします。でも、実は、そのスランプは自ら作りだしてしまっているともいえる、必然のスランプのです。それは、一時期だけのスランプではなく、当然の現実なのです。サーフィントレーニングにおいても、まずは設計図ではないでしょうか?設計図がなければ、本物のサーフィントレーニングメニューは作れません。サーフィントレーニングメニューとは、そうあるべきです。私は個人的には、そうでないのなら、サーフィントレーニングメニューを提供するパーソナルトレーナーとして失格だと考えています。

 

 

サーフィンにおける身体条件とは

 

その設計図となる、サーフィンにおける身体条件とは、いったい何なのかを、科学的に深く分析したものが、下記6項目が必須項目です。これは、私、パーソナルトレーナーおぜきとしあき(尾関紀篤)が、20年以上のパーソナルトレーニング指導経験から、サーフィンにおける身体条件とは、下記6項目が必須項目であると分析したものです。偶然の代物ではなく、再現可能な設計図に基づいた、システマティックな科学的視点のトレーニング内容があれば、性別年齢問わず、だれでも、短期間で効率よく確実に成果を出すことはできると、私は経験上確信しています。それには、トレーニング内容もシステマティックに科学的視点が必要となります。これは、根性や偶然だけのトレーニングでは、対応できないのです。

サーフィントレーニング

 

サーフィントレーニングに科学的アプローチを

 

プロサーファー トレーニング

 

プロサーファーというスポーツ競技を仕事にしているサーファーやサーフィン愛好家が、サーフィン上達のために、バランスボール、スケートボード、バランスボード、チューブ、ヨガ、水泳、ストレッチ、バランストレーニング、コアトレーニング、体幹トレーニング、ウェイトトレーニング、自重トレーニングなど、サーフィンにトレーニングを取り入れる人も多くなってきましたが、非常に残念なことに、設計図に基づき、これらの6つの必須項目にダイレクトにアプローチできているものは皆無です。サーフィンにも、他のスポーツ同様、理論的な視点からの科学的アプローチが絶対必要なのです。

 

 

確立されたサーフィントレーニングとは?

 

身体は、本当に正直です。きちんとトレーニングをすれば、きちんと応えてくれますし、設計メニューに基づいた6つの必須項目があれば、すごいスピードで身体も動きも進化し変わるものなのです。いくらトレーニングしていても、サーフィンのための身体設計図、サーフィン身体6つの項目であり、それに向けたサーフィントレーニングがなければ、効率が非常に悪くなります。例えば、サーフィンには、バランストレーニングや体幹トレーニングがいいと聞いて、それらのトレーニングを設計図無しに、がむしゃらに行ったとしても意味はありません。

 

トレーニングは裏切りません。しかし、それにはきちんと設計メニューが確立されたサーフィントレーニングが必須であることは当然言うまでもありません。逆に、きちんと設計メニューが確立されたサーフィントレーニング方法なら、裏切られることがないのです。確立されたサーフィントレーニングとは、裏切られないトレーニングを指します。あなたはサーフィントレーニングをどう考えますか?

 

 

サーフィントレーニグをする前に

 

もしも、あなたが今、サーフィントレーニグに取り組んでいなかったら、それは非常にラッキーなことかもしれません。サーフィン身体6つの項目も基づいてトレーニングをすれは、遠回りしなくて済むからです。私、パーソナルトレーナーおぜきとしあきは、今まで、サーフィントレーニングで、非常に遠回りをしていたと嘆くサーファーやプロサーファーの声を多く聞いてきました。そして、設計図である、このサーフィン身体6つの項目に基づいたトレーニングメニューで、その人たちのサーフィンが短期間で効率よく確実に変わりました。

 

 

サーフィントレーニング必須6項目

 

サーフィントレーニングは具体的には何をしたらいいか?ジムへ行かず家でトレーニングするにも、パーソナルトレーナーと一緒にパーソナルトレーニングするにも、ジムで自分でトレーニングするにも、サーフィントレーニング必須6項目は下記で絶対確認してからトレーニングをしてください。さあ、あなたも、短期間で効率よい確実なサーフィントレーニングを始めてみませんか?

 

体重と体型とサーフィントレーニング

筋肉比と体重|サーフィントレーニング

①体重と体型

サーフィンにおいて、体重はサーフボードの浮力との関係から、1キロでも体重が違っただけでも、動きに影響を及ぼします。そういった意味でも、サーフィンをするうえで、体重のコントロールは必須といえます。さらには、体重とは、単に数字だけの問題ではなく、体重における筋肉比がコントロールされていてこその体重が重要です。

⇒ サーフィントレーニング詳細へ

 

上半身下半身の連動性とサーフィントレーニング

上半身下半身の連動性|サーフィントレーニング

②上半身下半身の連動性

サーフィンの動きは上半身だけや下半身だけで動いているわけではありません。サーフィンの動きには上半身下半身の連動性が必要です。もしも、今のあなたの身体に、上半身下半身の連動性の身体機能が低下していたり、その筋肉が足りなくなっているであれば、その目的のサーフィン動作に直結したトレーニングが必要です。

⇒ サーフィントレーニング詳細へ

 

軸と姿勢とサーフィントレーニング

軸と姿勢|サーフィントレーニング

③軸と姿勢

サーフィンの身体動作には縦横に加え、回転の動作があります。ターンや方向変換などの動作をスムーズにしたりするには、身体に回転軸とその回転軸を妨げない姿勢が必要になります。また、パドルにも軸と姿勢は影響を及ぼします。もしも、今のあなたの身体に回転軸とその回転軸を妨げない姿勢がないのであれば、その目的のトレーニングが必要です。

⇒ サーフィントレーニング詳細へ

 

ねじれ反発力とサーフィントレーニング

ねじれ反発力とサーフィントレーニング

④ねじれ反発力

ただでさえ不安定な波の上での動作は、身体に強烈なねじれ力が加わります。その体勢から、またクイックに戻る身体の力こそ、サーフィンに必要な身体機能にひとつ、ねじれ反発です。ふらつく、力が伝わらない、ボードをコントロールできないときがある、いまのあなたの身体は、そのための筋肉や伝達機能が備わった身体でしょうか?

⇒ サーフィントレーニング詳細へ

 

骨盤とサーフィントレーニング

骨盤とサーフィントレーニング

⑤骨盤

身体を上下に大きく伸ばし大きく縮ませる動作が多いのがサーフィンの特徴です。この自在に伸縮できる能力「伸縮力」は、さまざまな形に変わる波に瞬時に自在に対応できる身体能力です。この伸縮力は、サーフィンの動きに多大に影響します。テイクオフしてからの一連の動作を向上させるには、この伸縮力が欠かせません。

⇒ サーフィントレーニング詳細へ

 

パワーと体力とサーフィントレーニング

体力 筋トレ パワー|サーフィントレーニング

⑥パワーと体力

すぐ疲れてしまう、回復が遅い、息が上がる、パワーと体力はサーフィンの動きに多大に影響します。いくらサーフィン動作の技術があっても、すぐ疲れてパワーが出なかったり、長くサーフィンができないでは意味がありません。体力があれば、長時間サーフィンができます。だれにも負けないパワーがあれば、多くの波に乗れサーフィン上達につながります。

⇒ サーフィントレーニング詳細へ

 

 

MermaidSurf(マーメイドサーフ)

MermaidSurf(マーメイドサーフ)サーフィン専門パーソナルトレーニングジム|パーソナルトレーナーおぜきとしあき(尾関紀篤)

MermaidSurf(マーメイドサーフ)

サーフィン専門パーソナルトレーニングジム

 

千葉県いすみ市日在1848

TEL 050-5216-2210

指導中など、電話に出られないことがございますので、なるべくメールからお問い合わせくださいませ。

 → メールフォーム

*当ジム・マーメイドサーフは、完全予約制のパーソナルトレーニング専用ジムとなります。突然のアポなしの来館はご対応できかねます。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

サーフィントレーニングパーソナルトレーニング受講の流れ

サーフィントレーニングの監修・取材

サーフィントレーニングジムサーフィントレーニングジム TOP